TOP

menu

LUXURY ITEMSブランド品 / 高級品Yves Saint Laurent
イブサンローラン

LUXURY ITEMS

イブサンローラン

イヴ・サン=ローラン(ロラン)(フランス語: Yves Saint-Laurent 発音例、1936年8月1日 - 2008年6月1日)は、フランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。または、イヴの名を冠したファッションブランド。

ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、ポール・ポワレらとともに20世紀のフランスのファッション業界をリードした。2002年の引退まで、トップデザイナーとして40年にわたり活躍し、「モードの帝王」と呼ばれた[1][2][3]。

フランスが誇る世界的ブランドであり、現在はケリングに属する。系列の「イヴ・サンローラン・ボーテ」としてコスメ商品の展開も幅広く行っている。

ブランドについてABOUT

生い立ち
イヴは1936年8月1日11時15分、フランス領アルジェリアのオランで保険会社で働く中産階級の両親の家庭に生まれた。

子供の頃パリ17区に引越し、1953年、イヴが17歳の時にファッションデザイナー養成校 パリ・クチュール組合学校 (エコール・ド・ラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ , cole de la chambre syndicale de la couture parisienne) に入学。IWS主催のデザインコンクールのドレス部門においてカクテルドレスを発表し最優秀賞を受賞している。

そのカクテルドレスの縫製はユーベル・ド・ジバンシィだった。また、その時の毛皮部門の受賞者はシャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルドであった。

ディオールとの出会い
この時の審査員であったVOGUEのディレクター、ミッシェル・デブリュノフは、無名の若い少年のポートフォリオを初めて見た時、新作として発表している友人のクリスチャン・ディオールと同じA-ラインの線を描くイヴに驚き、すぐディオールに紹介した。そして、独創的かつ想像力に富んだ彼のデザインは、ディオールに非常に強い感銘を与えることになる。

1957年10月、ディオールは自身のスタッフに「ここにある30のデザインはイヴの仕事に基づく私の最新のデザインであります。彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」と言い、次のコレクションでイヴを連れ出すと言い出したという。スタッフはイヴがまだ若かったので、「もう少し待たなければならない」と言った。

それが、同年のディオールの死によって現実のものとなった。イヴは21歳でディオールブランドを財政的な破滅から救うために主任デザイナーとなり、大きな力で仕事を始めた。

「トラペーズライン」
1958年のイヴのディオールにおける最初のコレクションにトラペーズライン(ブランコ線)と呼ばれる従来に比べてより広くより短く、裾の線がちょうど膝をカバーするくらいの台形のデザインを発表した。秋のパリ・コレクションにはこのラインを採り入れたデザインの服を発表した。

新聞はその日一番大きな見出しに「イヴ・サンローランはフランスを救った。偉大なるディオールの伝統は続きます」と書いた。若いデザイナーのイヴがショーの最後にバルコニーに現れた時、群集から大きな歓声が上がった。イヴはディオールの為に6つのデザインを発表した。顧客は既にイヴのデザインを崇拝していた。当時、イヴの多くの作品を買う顧客の中には、62歳のイギリスのウィンザー公爵夫人の名前もあった。

しかし1960年、イヴはアルジェリア独立戦争で戦っていたフランス軍に徴兵される。ディオールの当時のオーナーであったマルセル・ブサックが右翼であったこともこの徴兵の理由の一つであった。20日後に軍隊内のいじめの影響でストレスを被ったイヴはフランスの精神病院施設に収容された。そして神経衰弱のために、電気ショック療法を含む精神医学的な治療を受けた。後年、イヴは自身の薬物依存や鬱の起源はこれらの体験にあったと語っている。