ピアジェ|ブランド品の買取リスト

TOP

menu

LUXURY ITEMSブランド品 / 高級品Piaget
ピアジェ

LUXURY ITEMS

ピアジェ(Piaget )はスイスの高級時計およびジュエリーのメーカーおよびブランドである。

現在スイスの企業グループリシュモン傘下にある。伝統的に薄型時計を重視している。宝飾品はジャクリーン・ケネディ・オナシス、ジーナ・ロロブリジーダ、アンディ・ウォーホルなどの著名人たちに愛された。

製品
極薄ムーブメント
ピアジェは、極薄ムーブメント [5] の開発において常に先駆者的な存在であり続けている。かの有名なふたつのムーブメント −手巻ムーブメント キャリバー9P(1957年)と自動巻ムーブメント キャリバー12P(1960年)− は、発表当時、それぞれのカテゴリーで最も薄いムーブメントであった。また近年ピアジェは、厚さを2.1mmまで抑えたキャリバー430P、450P、438Pの開発に力を注いでいる。これらの革新的ムーブメントは、「アルティプラノ」コレクションを中心に採用されている。

トゥールビヨン ムーブメント
トゥールビヨン ムーブメントは、3年近い年月を経て開発された。その研究の成果が生んだキャリバー600Pは、世界で最も薄い角型トゥールビヨン ムーブメント(厚さ3.5mm)である。このムーブメントに使用されている重さたった0.2グラムのキャリッジは、チタン製の3つの受けを含む42個の極小の部品から成り、極めて高い性能を誇る。1本の軸だけで支えられているフライングタイプのトゥールビヨンはPの刻印の上にあしらわれ、均衡が崩れやすいという点でこのトゥールビヨン製造の難度をさらに高めている。キャリバー600Pの組立は熟練した時計職人のみに託され、トゥールビヨンの信頼性が最大限に高められている。

スケルトン トゥールビヨン ムーブメント
コンプリケーションの象徴であるピアジェのフライングトゥールビヨンは、厚さ3.5mmと世界で最も薄い角型トゥールビヨンムーブメントである。 1分が60秒であることにちなんでデザインされているため放射状のギョーシェ装飾の本数は60本である。

レトログラード ムーブメント
ピアジェのマニュファクチュールで設計、開発、製造が行われたキャリバー560Pは、レトログラードセコンドの複雑な表示機能を備えた自動巻メカニカルムーブメントである。レトログラードセコンド機能は12時の位置に配され、扇形の小窓の中を針が1から30まで移動し、30の位置まで達すると針は瞬時に0の位置に戻るよう設計されている。

自動巻ムーブメント
2006年、ピアジェは新世代の自動巻メカニカル ムーブメントを発表。その中に、中央に時・分・秒表示、ラージデイト表示、72時間のパワーリザーブを可能とするふたつの香箱を備えたキャリバー800Pがある。直径26.8mm(12リーニュ)、振動数21,600回/時(3ヘルツ)。チラネジ付テンプ。その派生モデルのキャリバー850Pは、スモールセコンドと第二時間帯表示用のふたつのインナーダイヤルに加え、メインの時間帯に連動したデイ/ナイトインジケーターを特徴としている。

エナメル技法
伝統芸術を大切にしており現在でもエナメル細密画の技法を採用している。

セッティングと宝石鑑定
ピアジェは、ジュネーブに最も大きなジュエリー工房を構えている。すべての貴石が手作業にてカット、調整、セッティングされる。

ダイヤモンドや貴石は、厳選された最高級のものだけが使用されている。例えばダイヤモンドはカラーG以上、クラリティーVVS以上と高い基準に適うものだけが選ばれ、社内規定に基づきあらゆる角度からダイヤモンドの質が吟味される。

ピアジェは「Council for Responsible Jewellery Practices」および「キンバリープロセス認証制度(Kimberley Process Certification Scheme )」のメンバーであり、紛争に絡んだダイヤモンドは一切使用しない方針を遵守している。