カメラ|コラム

TOP

menu

コラム

コラム

  • HOME
  • コラム

カメラは下取りと買取のどちらがおすすめ?違いについて解説

  • カメラ
  • 2019/04/11


カメラの「下取り」と「買取」の違いがよくわからない、どちらが良いのか知りたいという人は多いです。これらは目的によって、メリットの有無が異なります。

ここではカメラの下取り・買取の違いと、目的による使い分け方を解説します。

カメラの買い替えで悩む「下取り」と「買取」

カメラの下取り・買取をおこなうお店は増えています。不要になったカメラを手放すとき、買い替えか、処分かによって選択が変わります。

損をしないために、下取りと買取の違いを知っておくべきでしょう。

下取りと買取の違い

下取りと買取の意味を正しく理解している方のために、両者の違いについて解説します。

下取りとは

下取りとは、新しいカメラの購入を条件に、不要なカメラを売ることです。不要なカメラの売却費用を、新しい商品の購入資金にできます。新しいカメラは、下取りしたお店で買う必要があります。

下取りサービスは、カメラ専門店や家電量販店などでおこなっています。カメラの状態や価値に関わらず、一律の金額で下取するお店もあるので、チェックしてみてください。

買取とは

買取とは、不要なカメラを売り、お金を受け取ることです。買取専門店や中古品を扱うリサイクルショップなどで売却できます。

査定金額はお店によって差があるので、高く買い取ってくれるところを探したほうがお得です。売った商品は中古品として販売されます。

目的により「下取り」と「買取」を使い分ける

不要なカメラがあるとき、目的によって下取りと買取を使い分けることで、損をしません。

下取りに向いている人

新しくカメラを購入したい、どのカメラを購入するか決まっている場合は、下取りがおすすめです。

新しいカメラを安く手に入れられるので、古いカメラがあるときは下取りの利用がおすすめです。

店頭に欲しいモデルがないときは、取り寄せできることもあるので、お店の人に聞いてみてください。

買取に向いている人

欲しいモデルがない、新しいカメラは必要ない場合は、買取店に売却しましょう。不要なものを処分できて収入にもなり、一石二鳥です。

店頭買取だけでなく宅配買取をおこなっているお店もあるため、近くに店舗がなくても売却できます。店頭買取では現金、宅配買取では銀行振込などでお金を受け取る場合が多いです。

カメラを高く「下取り」「買取」してもらうためにやっておくべきこと

高い金額をつけてもらうためには、次のポイントに気をつけておきましょう。

きれいに掃除する

カメラ本体や付属品をきれいに掃除してから査定に出すのがおすすめです。状態の良いものは金額がアップしやすくなります。

ゴミやホコリ・手垢などの汚れを、できる限り落としましょう。レンズは、レンズクロスなどで傷つけないよう優しく拭きます。

付属品をつける

レンズ、箱や説明書など、カメラの付属品も一緒に査定に出すと、高く買い取ってもらえる可能性が上がります。

カメラを買ったら、付属品もなくさずに取っておきましょう。

カメラを買い替える予定がなければ買取がおすすめ!

不要なカメラを処分したい、現金が欲しいなどの場合は、買取店へ売るのがベストです。

カメラのような小型家電をゴミとして処分するのは、有料である場合もあります。いらないものは売却しましょう。

一覧に戻る

少しでも高く売りたい
そこのあなた
ネオスタにお任せを!
ネオスタお任せを!
ネオスタにお任せを!ネオスタにお任せを!