TOP

menu

コラム

コラム

  • HOME
  • コラム

デジカメを処分する方法と注意点!古い・壊れていても買取は可能?

  • カメラ
  • 2019/01/23

「デジカメはどうやって処分すればいい?」

古くなった・壊れたなどの理由で、不要になったデジタルカメラを捨てたいとき、どのように処分すれば良いのか迷いますよね。

この記事では、デジカメを処分する方法と注意点、買取について紹介します。

デジカメを処分する方法

デジカメを処分する方法、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

買取専門店で売る

中古買取をおこなっているリサイクルショップなどでは、デジカメを買い取ってもらえます。手数料もかからずお金に換えられるので、一石二鳥です。

インターネットオークションやフリーマーケットでは買い手がつけば売れますが、発送やクレーム対応などを自分でする必要があります。

■メリット

  • ・現金が手に入り、処分手数料もかからない
  • ・エコにつながる

■デメリット

  • ・状態が悪いと買い取ってもらえないことがある

買取店では、壊れていなければ買い取ってもらえる場合がほとんどです。インターネットから簡単に査定できるお店もあるので、ぜひ利用してみてください。

自治体で処分する

自治体が設けている回収ボックスに捨てることができます。住んでいる自治体によって処分方法が異なるので、確認してください。

■メリット

  • ・手数料が一律でわかりやすい

■デメリット

  • ・手数料がかかり、有料粗大ごみ処理券を購入する手間もかかる
  • ・回収日が決まっている場合がある

回収ボックスが設けられている以外に、指定日に小型家電としてゴミ集積所に出せる場合もあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収に依頼すれば、ややこしい処分方法などを調べる手間なく、かならず引き取ってもらえます。

■メリット

  • ・自宅まで回収に来てくれる

■デメリット

  • ・料金が高い場合もある
  • ・怪しい業者に注意する

料金は業者により異なるので、調べてみてください。中には無許可で営業している業者もあり、高額請求などに気をつけてください。

見分け方として、「小型家電認定事業者マークや番号」がある認定業者は、信頼できる可能性が高いです。

下取りサービスを利用する

家電量販店では、古いデジカメの下取りをおこなっている店舗もあります。新しいデジカメを買う予定がある場合は、利用してみてください。

■メリット

  • ・新しいデジカメの購入資金にあてられる

■デメリット

  • ・新しい商品を購入する必要がある
  • ・デジカメ以外は処分できない

知人にゆずる

デジカメが欲しいという友人や近所の人がいれば、ゆずってみましょう。渡す前は、データを消したか確認してください。

■メリット

  • ・手数料なく処分でき、喜んでもらえる

■デメリット

  • ・不具合やデータ消去忘れがあるとトラブルになる可能性がある

デジカメを処分するときの注意点

デジカメを手放すときは、写真や動画の「データを完全消去」しましょう。SDカードが刺さったままになっていないかどうかも確認します。

買取店で売却する場合、個人情報保護からデータを全消去しますが、すべての店舗が消去を行っているとは限りません。ごみとして処分する場合も、プライベートな撮影写真などは消しておいたほうが安心です。

データは非表示にするのではなく、完全消去する必要があります。機種により操作方法は異なりますが、次のような手順で完全消去できる機種が多いです。

※大事なデータはかならずバックアップしてから行ってください

  1. 1. 「MENU」や「OK」ボタンを押します。
  2. 2. 「セットアップ」を選択します。
  3. 3. 初期化(カード)や(内蔵メモリー)を選択します。
  4. 4. 「すべてのデータを消去します」などの表示に「OK/はい」などで確定すると、全データが削除されます。

ただ、上記の初期化する方法では完全消去できないこともあります。その場合、メモリーカードが抜かれていることを確認してデータを初期化し、記録領域一杯までプライバシーに関連しない写真を撮影し、再度初期化してみてください。

デジカメは小型家電リサイクル法対象の家電

自治体によりますが、デジカメは小型家電リサイクル法の対象となります。対象となっている場合は、定められた方法に従い処分する必要があります。

「小型家電リサイクル法」とは、2014年に実施された法律です。適正なリサイクル実施者として環境省・経済産業省の認定を受けた「認定事業者」が、回収された小型家電を選別し、金属資源として再生します。

デジカメが回収家電の対象になっている場合は、回収ボックスなどに入れます。それ以外の場合は、不燃ごみや金属ごみとして出してください。

古いデジカメでも買い取ってもらえる?

古いデジカメでも、買い取る業者は多いです。新しい製品や一眼レフなど中古で売れやすいものを主に買い取る業者と、部品を取るため壊れていても買い取る業者がいます。

売却するときは、きれいに掃除し、箱や説明書などの付属品があると、高値になりやすいです。ホコリなどの汚れをタオルなどで拭き取ってから、査定に出すのがおすすめです。

まとめ

デジカメは使っているうちに寿命がくるので、いつかは処分するときがかならずやって来ます。買取店で売れば、購入資金も手に入るのでメリットが大きいです。自分に合った方法で、効率よく処分してみてください。

事前に処分方法をチェックしておくと、引っ越しなどのときに慌てなくてすみます。他にも不要なものがあれば、まとめて処分・売却するほうが手間もかからず、お得です。引っ越しや大掃除のときは、不要品がないか家の中をすみずみまで確認してみましょう。

一覧に戻る

少しでも高く売りたい
そこのあなた
ネオスタにお任せを!
ネオスタお任せを!
ネオスタにお任せを!ネオスタにお任せを!