TOP

menu

コラム

コラム

  • HOME
  • コラム

中古のスノーボードは売れる!買取相場と高く売るコツ

  • スキー・スノボ
  • 2018/10/31

冬といえばスキー・スノーボードの季節です。しかし、「新しいボードが欲しいけどお金がない」「買ったもののあまり使っていないし処分したい」そんな方もいらっしゃるでしょう。

このような場合、中古スノーボードを売るのがおすすめです。ブランドによっては高額査定が期待でき、高く売るコツを実践すればさらに高値を狙える可能性があります。

ここでは、スノーボードの買取相場と高く売るコツを紹介します。

中古のスノーボードは売れる?

スノーボードは新品で買うと数万円からと高価なので、中古で購入する人は少なくありません。古くなった使い古しのものでも、売ることができます。

とくに人気のブランドであれば、予想より高い値がつくこともあるでしょう。使わないからとただ粗大ゴミに出すのはお金もかかりますし、もったいないです。

スノーボードの買取相場!ブランド別に紹介

人気メーカーの製品は高額査定の可能性が高いです。5ブランドの買取相場について、およその価格を紹介していきます。

BURTON(バートン)

スノーボードといえばバートンといわれるほど、定番のブランドです。柔軟性があり壊れにくいと評判で、世界的にも人気があります。ほかのブランドより高めの相場は1.5〜5万円程度です。

YONEX(ヨネックス)

テニスやバドミントンなどで有名なメーカーです。スノーボードも販売しており、固めな板を求める競技志向のユーザーに人気があります。相場としては1〜3万円程度です。

SALOMON(サロモン)

もとはスキーのブランドとして老舗であり、知名度もかなりあるブランドです。ボードやウェアなども品質がよいです。相場は1〜3万円程度です。

DEATH LABEL BLACK FLAG

モノトーンのデザインが多く、スタイリッシュなデザインが人気のブランドです。中古でも需要が高く、状態がよければ買取相場は2万円前後が見込まれます。

FLAT SPIN LIMITED

黒をベースに、ビビットカラーのクールなデザインが特徴のブランドです。デザイン性ももちろんですが、バランスが安定している点も評価されています。買取相場は状態がよければ3万円前後です。

買取専門店が買い取ってくれる主要ブランド

買取専門店では、主に以下のようなブランドの製品で高値がつきやすいです。

スノーボードの主要ブランド

その他さまざまなメーカーで高値が期待できるので、どのくらいの値がつくか、試しに査定をしてみるのもよいでしょう。

ACRA(アクラ) ALLIAN(アライアン) BATALEON(バタレオン)
BC STREAM(ビーシーストリーム) BTM(ビーティーエム) CAPITA(キャピタ)
ENDEAVOR(エンデバー) FORUM(フォーラム) GRAY(グレイ)
INFINITY(インフィニティ ) MORROW(モロー) OGASAKA(オガサカ)
RICE28(ライス) SANTACRUZ(サンタクルーズ) SIGNAL(シグナル)
SUBTLE(サトル) TORQREX(トルクレックス) YONEX(ヨネックス)
DEATHLABEL(デスレーベル) F2(エフツー) GENTEMSTICK(ゲンテンスティック)
HUMMINGBIRD(ハミングバード) K2(ケーツー) MOSS(モス)
NOAHSARK(ノアズアーク) PHANTOM(ファントム) RIDE(ライド)
SABRINA(サブリナ) SAVANDER(サバンダー) SIMS(シムス)
SURGE(サージ) TWELVE(トゥエルブ) 011ARTISTIC(ゼロワンワン)
CALMANO(カルマノ加塁眞乃) ELAN(エラン) GNU(グヌー)
HEAD(ヘッド) NIDECKER(ニデッカー) RC-M RICHMAN(リッチマン)
ROME SDS(ローム) SCOOTER(スクーター) STEPCHILD(ステップチャイルド)
TECHNINE(テックナイン) VOLKL(フォルクル) 眞空雪板等(マクウ)

スノーボードはどこで売るのがいい?

スノーボードを売るとしても、買取専門店やオークションなど選択肢があります。それぞれの特徴について解説します。

中古買取店・サイトを利用する

スノーボード買取をおこなっている中古買取店なら、しっかり査定して値段をつけてくれます。ただ、スノーボードを扱っていないお店だと、安い値段をつけられる可能性があります。

事前にお店のサイトを調べて、スノーボードを扱っているか確認することが重要です。また、お店によっては持ち込みのほか、出張サービスをおこなっているところもあります。

ネットオークションで売る

ヤフオクなどのオークションサイトは、登録や利用自体は無料、落札された際に売り上げから手数料が引かれるシステムです。

人気ブランドのスノーボードなら、予想よりも高値がつく可能性もあります。ただし、古いモデルやマイナーなものだと、思ったより入札されず安くなってしまうリスクもゼロではありません。

そのほか、ユーザーとのやり取りや、落札された際の梱包、発送をすべて自分でおこなう手間があります。いますぐ売りたい場合には向かないかもしれません。

フリマアプリで売る

最近は不用品をメルカリやフリルといったフリマアプリや、ジモティーなどで売る人もいます。これもオークションと同様に登録や利用は無料、売り上げから手数料が引かれます(ジモティーは無料)。

とくにメルカリはユーザーも多く、すぐ購入されやすいです。しかし、フリマアプリは「購入者がお得に買える」を前提としているサービスです。

そのため、基本的に「値切って当たり前」で、かなり買い叩かれてしまう可能性もあるでしょう。また、オークション同様にユーザーとのやり取りや梱包・発送の手間もあります。

スノーボードを高く買い取ってもらうコツ

では、より高く買い取ってもらうためにはどうすればよいのでしょうか。コツを紹介していきます。

売る時期に注意!〜スノーボードはシーズン前に売る〜

スノーボードはいつでも売ることができますが、やはり需要の高まるときに売ると、一番高値がつきやすいです。そのため、シーズン直前〜最盛期に売るのがおすすめです。

スノーボードのシーズンは毎年、早くても11月ごろあたりです。そのため、買取店に出す場合はシーズン前の9・10月あたりに買取強化されている可能性が高いので、狙い目といえるでしょう。

売る場所を比較検討する

同じものでも、お店により査定額が大きく変わる可能性があります。また、CMを大々的に放送しているようなお店だと宣伝にコストが掛かり、あまり高額査定は望めないかもしれません。

そのため、売却に焦っておらず高値を狙うなら、手間ですが3ヶ所ほどで査定をおこない、その結果を見てお店を決めるとよいかもしれません。

メンテナンスをおこなう

汚い状態で査定に出すと、クリーニング費用として額が惹かれる可能性もあります。事前にしっかり掃除やメンテナンスをおこなってから査定してもらうのがおすすめです。

布で拭いてきれいにしておくだけでなく、サビがあるなら落としたり、ワックスをかけたりしておけば、査定額が上がる可能性があります。

付属品も一緒に売る

スノーボード用品は単価が高めです。ウェアやブーツ、ビンディングなど付属品があるようなら、一緒に売るだけで査定額が大きくアップすることもあります。

まとめ

スノーボードを高額で買取してもらうのであれば、やはり売りに出すタイミングと日ごろのメンテナンスが非常に重要です。

また、型が古くなるほど値段は下がってしまいがちです。売るのはまだいいか、と年単位で月日が経つと安値になってしまうので、思い立ったらシーズン前に売ってしまうとよいかもしれません。

なぜ自社のコラムでここまで正直に話すのか、それは私たち買取専門店ネオスタが『お客様の気持に寄り添うお買取を目指している』からです。

是非わからない事やご質問がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

一覧に戻る

少しでも高く売りたい
そこのあなた
ネオスタにお任せを!
ネオスタお任せを!
ネオスタにお任せを!ネオスタにお任せを!