TOP

menu

LUXURY ITEMSブランド品 / 高級品COACH
コーチ

LUXURY ITEMS

コーチ

タペストリー (Tapestry, Inc.、2017年10月31日以前の社名コーチ 、Coach, Inc.[1]) は1941年にニューヨーク・マンハッタンで創業されたアメリカ合衆国の高級皮革製品メーカーである。

社名の頭文字であるCのモノグラム柄のハンドバッグや財布、パスケースなどが代表的な商品で、柄の種類やレディース・メンズの各ラインによりシグネチャー、オプアートなど豊富なバリエーションを展開している。日本では、20代〜30歳前後の女性の購入単価や購入頻度の高さが特徴である[2]。

社名は「乗り物」を意味しており、馬車の代名詞であったハンガリーのコーチ (Kocs) という都市名からきている。

ブランドについてABOUT

高級ブランドを取り扱う企業。売上上昇率、利益率などが高く、企業評価が高い。また、高級品を出す一方で、アウトレット店などの経営によって中低所得層にも商品を販売しており、「全ての層を相手に商売をできる」という評価がある[2]。

アウトレット店の増加により、正規店の売上減少やブランドイメージ低下の可能性はあるものの、2007年からサブプライムローン問題を機に米国景気が伸び悩む中でも、強気の出店姿勢を崩していない[2]。

路線転換

1941年の創業当初は皮革工房であり、1961年にマイルズ・カーン夫妻が買収した。野球グラブの革を使用した鞄などをアメリカ国内で生産する比較的小規模な企業で、メインターゲットは比較的高齢の男性であったが女性向け牛革バッグなどを製作した。1985年にサラ・リー社に買収され、2000年10月に株式公開を行いニューヨーク証券取引所に上場。買収後はバッグと財布などの皮革製品メーカーから、世界的な総合ファッション企業への発展へと急速に路線変更を行った。

生産をドミニカ共和国や中国などへの外注に切り替えたほか、1996年にはリード・クラッコフをクリエイティブ・ディレクターに迎え、2001年には日本市場を中心に人気のあるキャンバス地のシグニチャー・ラインを発表し、その後のコーチの流れを決定づけた。バブル期の1988年、日本にも初出店し、2001年には住友商事と合弁で日本法人「コーチ・ジャパン」を設立した。2005年には、米コーチ社がコーチ・ジャパンの株を買い戻し、現在ではコーチ・ジャパンはコーチ社の100%子会社である[3]。 2013年には、ハイメゾンでキャリアを積んできたスチュアート・ヴィヴァースをエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに迎え、モダンかつモードに進化を続けている。

買取商品一覧ITEM LINE UP

2018/12/13
ブランド名
COACH
商品名
コーチ 2WAY迷彩 柄トートバッグ  F11847 COACH
買取金額
5,000

詳しくはこちら

2018/8/27
ブランド名
COACH
商品名
コーチ ダブルジップ トラベル ジッピーウォレット F59114 COACH【USED S】
買取金額
13,000

詳しくはこちら

2018/3/20
ブランド名
COACH
商品名
PRADA プラダ サフィアーノ
買取金額
13,500

詳しくはこちら

2018/3/20
ブランド名
COACH
商品名
COACH コーチ フルトンサッチェル 2Wayバッグ
買取金額
59,800

詳しくはこちら

その他、ブランド一覧高価買取中!

高価買取中!