TOP

menu

LUXURY ITEMSブランド品 / 高級品CASIO
カシオ

LUXURY ITEMS

カシオ

「カシオ計算機」の社名が象徴するように、創業時は機械式計算機(リレー式計算機 14-Aなど)などを生産、後に電子式卓上計算機(電卓)を発売する。その後、電卓デバイスを基礎に事業分野を拡大し、現在の主な事業分野は電卓、電子文具、時計などの個人向け情報機器や、システム機器、電子デバイスなどの製造と販売。近年は電波時計やデジタルカメラ、電子辞書、TFT液晶などを主力商品として積極的に展開している。かつては携帯電話も手がけていたが現在は撤退している。
かつての本社は新宿の住友三角ビルにあったが、後に初台に自社ビルを建設した。

社是は「創造 貢献」で、これは「世の中になかったものを創造することによって社会に貢献する」という意味である。英語ではそのまま「Creativity and Contribution」と英訳されている。

ブランドについてABOUT

ブランドイメージ

リレー式計算機 14-A(国立科学博物館の展示)
「計算機」の名の通り、電卓以前のリレー式計算機14-Aから電卓の時代を通って成長した企業・ブランドであり、電卓及びそれに類する電子製品のメーカーとして知られる。

特に大ヒットした電卓カシオミニにおいて顕著だったが、大胆な価格設定と割り切ったスペックでどこでも簡単に使える、といった新しい切り口の製品を発売し、時には新しい商品分野のブームの端緒となるようなヒット商品も作る。「糸井重里の萬流コピー塾」において題「ワープロ」への投稿で (松) の評価を取った「今買うな、カシオがきっと、何かやる」[1]や、パソコン雑誌『PC-WAVE』の「目の付け所がカシオ」(シャープの宣伝コピー「目の付け所がシャープでしょ」のパロディ)といった言葉がある。

ブランドロゴの由来
創業者の名字「樫尾」をローマ字で書けば「KASHIO」だが、これをあえて「CASIO」としたのは、創業当初から「世界で親しまれる企業になる」という目標があったため。このロゴであることから、日本以外では日本の企業と思っていない人も多い。特にイタリアの企業と間違われやすい。ちなみにイタリアの名子役サルヴァトーレ・カシオ(Salvatore Cascio 出演作:ニュー・シネマ・パラダイスなど)は、実際にカシオのCMに起用されたことがある。

買取商品一覧ITEM LINE UP

2018/9/2
ブランド名
CASIO
商品名
カシオ G-SHOCK フロッグマン LOVE THE SEA And THE EARTH Limited Edition GWF-D1000K-7JR
買取金額
85,000

詳しくはこちら

2018/7/23
ブランド名
CASIO
商品名
カシオ 世界700本限定 G-SHOCK ソーラー電波腕時計 MTG-1000RG-1AJR 【USED A】
買取金額
70,000

詳しくはこちら

その他、ブランド一覧高価買取中!

高価買取中!