TOP

menu

コラム

コラム

  • HOME
  • コラム

古いカメラはどこで買取ってもらえる?査定時のポイントと高く売るコツ

  • カメラ
  • 2018/12/20

カメラの性能・技術は年々進化していて、何年も前に購入したカメラを売りたいとなったとき、「本当に売れるのだろうか?」と思うこともあるかもしれません。

そこで、古いカメラは買取をしてもらえるのか、また買い取ってもらえるのはどのような品かなど、分かりやすく解説していきます。

古いカメラは買い取ってもらえる?

「古くなったら機能もいまより劣るので、買い取ってもらえないのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし結論から言えば、古いカメラも売れます。

世界には、カメラをデザインで選ぶ人、現在はない機能を持つものを集めている人など、老若男女さまざまなタイプの愛好家がいます。そのため、需要があり買い取ってもらうことは可能です。

ずいぶんと古いクラシックカメラはコレクターに人気があり高値がつくほか、最近はひと昔前のフィルムカメラが「味がある」と人気が高まっているため、思ったより高値がつくことがあります。

買取専門店が買い取ってくれるカメラの種類

そうはいっても、どのカメラも確実に買い取ってもらえるわけではなく、どれも高値になるわけではありません。専門店が買い取りをおこなうのは次のような製品です。

  • ・デジタル一眼レフカメラ
  • ・デジタルコンパクトカメラ
  • ・フィルム一眼レフカメラ
  • ・フィルムコンパクトカメラ
  • ・レンジファインダーカメラ
  • ・クラシックカメラ

お店によってこのほかの種類のカメラや、レンズやケース、三脚といったアクセサリー類なども買い取ってもらえます。

買取専門店が買い取ってくれるカメラのメーカー

カメラといえば有名なメーカーはある程度想像がつくのではないでしょうか。買取店では、以下のようなメーカーの製品をおもに買い取っています。

Canon(キヤノン) Nikon(ニコン)
OLYMPUS(オリンパス) PENTAX(ペンタックス)
SIGMA(シグマ) Leica(ライカ)
RICOH(リコー) Kenko(ケンコー)
富士フィルム SONY(ソニー)
Panasonic(パナソニック) CASIO(カシオ)
KONICA MINOLTA(コニカミノルタ)

もちろん、このほかのメーカーであっても買い取ってもらえる可能性は十分にあるので、まずはお店に査定へ出してみると良いでしょう。

買取専門店が見る査定のポイント

買取専門店は、主につぎのようなポイントを見て査定額を算出します。

メーカー

前項でご紹介したメーカーかどうかというほか、グレードも見られます。たとえば、初心者用の入門機など価格の安いものはグレードも低く、査定額も低めになります。

機種

カメラは入門機、中級機(セミプロ~アマチュア向け)、上級機(プロ向け)があります。上級機ほど査定額は高いです。

ニコンでいえば、機種名の数字が小さいほど上級機です。7000番台は入門機、800番台が中級機、それ未満が上級機になります。

発売年代

機種の需要にもよりますが、基本的には古くなると値段が下がってしまう傾向にあります。売るか迷っているのであれば、早めに決断するほど高値がつく可能性があります。

保存状態

カメラ表面に目立つキズ、色あせがないかがポイントです。また、湿気の多い場所で保管していた場合、カビが生えることもあり、この場合も減額されます。

起動しないなどの動作不良がある場合、大幅な減額をされることがあり、買取を断られてしまうようなら、ジャンクでも買い取るお店を探すとよいかもしれません。

付属品の有無

外箱や説明書など、付属品がすべて揃っていると高評価です。たとえばデジタルカメラの場合は充電器がないなど、致命的な欠品があると大きく減額される可能性があります。

古いカメラを高く売るためのコツ

古いカメラを売る場合でも、つぎのようなコツを実践すれば、もとの状態よりも査定額が高くなる可能性があります。

掃除・メンテナンスをおこなう

買取の際に汚れがついていると、やはりマイナス評価になります。最低限、落とせる汚れは掃除して拭き取っておきましょう。

動作確認をおこなう

動作不良があるとジャンク品となってしまいます。査定の前に電源が入るか、シャッターが切れるかなど、最低限の確認をおこなっておきましょう。

付属品を揃える

前項でも触れましたが、付属品は多いほど評価が上がり、一式すべて揃っていればプラス評価となりやすいです。

カメラ買取を謳う店を利用する

一般的な買取店やリサイクルショップより、カメラ買取を謳っているお店のほうが、知識があるため適正な基準で査定をしてくれて、高値がつきやすいです。

また、状態がよく需要が高いことが分かっている製品であれば、自分でネットオークションに出品するという手もあります。

カメラを売るならおすすめはどこ?

では、手持ちのカメラを売るとしたとき、どこで売却するのがよいのでしょうか。解説していきます。

買取専門店の査定サービスを利用する

前述のように、カメラの買取を標榜している店舗で査定をおこない、売るのが一番手っ取り早い方法です。最近はサイト上で機種名や状態を入力するだけで見積もりできるところもあります。

より高値を目指すのであれば、複数店で見積もりをして比較するとよいでしょう。近くに店舗がない場合、宅配買取サービスを利用するのがおすすめです。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

需要が高い、もしくは貴重で価値あるカメラであれば、ネットオークションやフリマアプリで出品すると、高値で取引できる可能性があります。

オークファンというサイトであれば、ヤフーや楽天、モバオクなどのオークションサイトでの相場を一括で検索できるので、出品の際は参考にしてみるとよいでしょう。

まとめ

古いカメラはよほど目立つキズや汚れがある、動かない、などの問題がなければ、基本的には買い取ってもらえます。また、モノによっては高値がつく可能性も十分にあります。

ご紹介したように売却の際はしっかり手入れをして、付属品をできるだけ揃えておき、査定をおこなうことをおすすめします。

一覧に戻る

少しでも高く売りたい
そこのあなた
ネオスタにお任せを!
ネオスタお任せを!
ネオスタにお任せを!ネオスタにお任せを!