WST~WEB戦略課通信~|コラム

TOP

menu

コラム

コラム

  • HOME
  • コラム

知って得する『オーディオを高価買取してもらう方法と査定額を上げるコツ』

  • WST~WEB戦略課通信~
  • 2019/03/22


なんにでもコツという物は存在します。サッカーならうまくシュートを打つコツ、野球ならうまくキャッチするコツ等、そのコツには、オーディオ機器を少しでも高く売る為のコツが存在します。

買取価格を上げるコツや買取時の気を付ける事などをしっかりと抑えておけば損をすることなく買取を自分の有利に進める事ができます。

今回は、オーディオを少しでも高く高価買取してもらうためのコツをいくつかご紹介致します。

オーディオ買取方法

オーディオを売ろうと考えた時、『店頭買取』『出張買取』『宅配買取』『フリマアプリを使う』『オークション』など、今のご時世オーディオを売る方法はたくさんあります。ですが大切なのは1つだけ、『自分のライフスタイルに合わせた買取方法』を選択する事です。

とはいえ、買取方法のそれぞれの特性がわからなければ参考に使用が無いと思いますのでかんたにいくつかご紹介します。


店頭買取

オーディオ機器をリサイクルショップや、買取専門店に直接持ち込みをして売る方法があります。店頭の利点は何と言ってもその場で現金化する事です。査定も無料で金額が合わなければキャンセルもできます。もちろんキャンセル料も大多数のお店がかかりません。『すぐに売って現金化したい!』『すぐにいくらの価値になるのか知りたい!』と思う人には店頭買取はおススメです。

ただし、重いオーディオを直接店頭まで持ち運びをする手間、また値段が付かなかった場合、買取をキャンセルする場合は持ち帰らなければならないというデメリットはあります。大型スピーカーや、大型のアンプ等、重くて持ち込みが大変であれば、宅配買取や出張買取を視野に入れるのも悪くないでしょう。電話やメール、line査定などのサービスを提供している買取業者さんに相談してみましょう。ほとんどの業者さんが無料で相談に乗ってくれます。

宅配買取

電話やメールで申し込み、自宅に送られてきたダンボールにいれて送るだけ。宅配買取のメリットは自宅にいながら全てを簡潔することができます。

わざわざ店頭まで持ち込まなくても良いし、煩わしい会話もありません。商品発送後は、果報は寝て待て乗如く、数日後には査定結果の連絡が届きその金額に納得したら指定口座に支払われます。基本的にどこの業者さんも送料無料で査定ももちろん無料でやってくれます。また、宅配サービスが利用可能な地域であれば全国どこからでも利用できるので近くに買取店が無い場合はおススメです。

デメリットとしては、宅配便で送り買取金額が振り込まれるまで、数日~1週間程時間がかかる事でしょう。

即日現金化をしたい方は店頭がおススメですが、自分のライフスタイルに合わせて依頼ができるので忙しい人には非常に有効な手段といえます。

出張買取

持ち運びが大変であったり、オーディオを買い取ってくれる買取店が近くにない場合の手段として、出張買取を利用するのも1つの手です。

出張買取の良いところは、宅配買取同様家まで取りに来てくれることです。こちらも店頭同様出張料、査定料、キャンセル料が無料また、店舗同様現金を出張買取に来た時にその場で支払われる場合がほとんどです。

デメリットとしては、宅配買取が全国対応に対し出張買取は、可能地域が限られていたり、予約がな直ぐに取れなかったり、在宅して直接対応しなければいけない点が挙げられます。以前は、部屋に入られるのは嫌だ、男性が来るのは怖いなどの事がデメリットに挙げられていましたが、最近では希望すれば女性スタッフが対応したり、部屋に入らずに玄関先のみで対応してくれる出張買取業者さんも増えてきて出張買取のデメリットは減りつつありあます。大事なのは、電話やメールで買取を相談する際に不安や希望をしっかりと伝える事です。


フリマアプリ、オークション

フリマアプリ、オークション、最近増えてきたネットを使った代表的な買取方法です。中でも利用者が多いのは、フリマアプリ。フリマアプリには、提供しているサービス業者さん事に手数料や出品方法、顧客とのやり取りの特徴がそれぞれ異なります。買取業者を挟まない為、上手くいけば手元に残る金額が多くなる可能性があります。また、リサイクル店や、買取専門店で値段が付かなかった商品もフリマアプリなら売れてしまう事が多々ありフリマアプリの醍醐味の1つといえます。

オークションは、フリマアプリ同様いくつかの種類があり、こちらもサービス提供元によってそれぞれに特徴が異なります。オークションはフリマアプリと違い、入札形式なので、入札者が多く、競った場合予想金額より遥かに高く売れる可能性を秘めています。フリマアプリ、オークション、どちらも最大のメリットは『可能性の追求』と言えるかもしれません。

しかし、一方で共通したデメリットも存在します。それは、希望提示額で中々買い手が見つからなかったり、落札者とのやり取り、商品の梱包、発送、入金確認など、最初から最後まで自分で行わなければならず手間がかかります。また、何かクレームやトラブルがあった場合は自分で対処しなければなりません。『可能性』を取るか『リスク』を取るか良く検討してサービスを利用するのが良いでしょう。フリマアプリやオークションを使用する前に、買取業者さんに査定に出し、自分で売るか買取業者さんに依頼するか検討するのが良いでしょう。


オーディオの買取価格を上げるには

オーディオを少しでも高く売りたい方に買取価格を上げる方法を紹介します。

買取価格の市場相場を知る

買取店によって査定金額に差が出ます。それは、在庫状況であったり、持っている販路の規模だったり、運営上の理由などがあげられます。

自分が納得のいく金額で買い取ってもらうためには、市場価格を把握しておくことが大切です。ネットで調べたり、様々な買取店へ査定依頼を出したりするのが良いでしょう。最近ではSNSを利用した簡単な査定サービスをしている買取業者も多いので利用するのもおすすめです。大事なのは自分が売った後に後悔しない答えがでるまで向き合う事です。

掃除をして持ち込む

オーディオに限った事ではありませんが、汚れているオーディオよりもキレイなほうが基本的に高く売れます。それは、お店側の手間や査定の際、汚れをキズと誤認されて査定額が下がるなどがあげられます。その為、オーディオを査定に出す際は必ず掃除をしてきれいにしましょう。

但し、あまり念入りに掃除をしてキズを付けてしまい、かえって査定金額が下がるなんてこともありますので、普段からこまめに柔らかいクロスなどで掃除するのがおススメです。

付属品はできるだけ揃える

付属品はできるだけ揃えましょう。付属品の有無は、物によって査定に大きく影響する場合があります。買った当時付いていた付属品はできるだけ大切に保管しておきましょう。これは、どの商品にも共通して言えることですが、売る時は購入した時の状態に限りなく近ければ近いほど査定金額は高くなります。

高い査定が付きやすいオーディオとは

高い値が付きやすいオーディオとは一体どういう物か知りたい方も多いと思いますので一部ご紹介致します。

有名ブランドの商品

価格が高くなりやすい要因としてまず挙げられるのは、人気があり需要が高い商品です。どういったものが該当するかといえば、

知名度が高く人気のあるブランドの商品です。代表的な例で行けば、オンキョウ、ヤマハ、bose、マランツ、ビクターなど、他にもたくさんあります。

有名ブランドのスピーカーはそれぞれ、質がよかったり、国内のシャアが№1だったり特徴はありますが、共通して言えるのは、高い人気と評判を得ている事です。この人気や評価が高くそして安定しているので、必然的に『有名ブランドの物は高くなる』となるわけです。

セットで買取に出す

売る時は、なるべくセットで買取に出すようにする事をおススメしています。

それは、買取側からすれば、売りやすくまた、高くかいやすいのです。

まず何故売りやすいかというと、例えばコンポは、それ単体だと音楽を楽しむことができません。チューナーやアンプ、スピーカーが一式揃って初めて音楽を聴く事でます。

同じ商品を並べた時、全て揃った商品と、コンポのみを並べた場合、全て揃っているものから売れていく可能背が非常に高いのです。なので、在庫のリスクを考えると全て揃っている物に比べ価格は安くなります。

一方値段がつけやすい理由は、単純です。買取業者側から見たら、サービスをしやすいのです。サービス還元率が同じで、商品点数が増え売上がその分増えれば、当然支払われる金額は大きくなります。

意外と知らない、壊れたオーディオも買取可能!?

大抵の場合、オーディオが壊れた時、有料で処分をしていると思います。しかし、破損の程度によっては買取する事ができる場合があります。オーディオの人気の商品であればあるほどその傾向は顕著です。この破損状況やなどは、商品ごとに違うので、捨てる前に買取業者さんに相談する習慣をつけると損をすることはないでしょう。

まとめ

オーディオの買取方法と高く売れるコツについて解説しました。オーディオを手放す時、しっかりと吟味して自分のライフスタイルや要望に一番近い方法を選ぶのが良いでしょう。色々書きましたが、大事なのは自分が納得して手放した後、後悔しない選択をする事です。

一覧に戻る

少しでも高く売りたい
そこのあなた
ネオスタにお任せを!
ネオスタお任せを!
ネオスタにお任せを!ネオスタにお任せを!